NPOローハスクラブ

NPOローハスクラブ

再生可能エネルギー・自然エネルギー

再生可能エネルギー・自然エネルギー

> > > ■ 風力発電 ■ 太陽光発電 ■ 太陽熱利用 ■ 地熱発電 ■ バイオマス

化石燃料(石油・石炭)や原子力など従来のエネルギーに代わり、再生可能エネルギーの需要性が高まっています。具体的には、風力、太陽光や太陽熱、バイオマス、小型水力、地熱などの再生可能エネルギーがあり、化石燃料や原子力のようにCO2、SOx、放射性廃棄物などを排出せず、環境に良い点が評価されています。世界における再生可能エネルギー電気の導入割合は 2006 年以降増加を続けています。

風力発電は、自然エネルギーによる発電の中でも、世界中で水力発電の次に導入拡大が進んでいます。世界の自然エネルギー市場は21世紀に入り急成長を遂げていますが、その中でも風力発電は太陽光発電と並んで最も成長している分野のひとつです。近年の風力発電の急成長では中国が大きな役割を果たし、世界一の導入国となっています。

世界各国の風力発電の累積導入量の推移

太陽発電市場は、2008年、過去最高となる画期的成長を遂げ、太陽電池 (PV)と太陽熱発電プ ラントの新規導入数が飛躍的に増加しました。 太陽光発電は、日本は高度な太陽電池技術で世界をリードしてきましたが、2005年にドイツに 抜かれ2位に。さらに日本の太陽光発電の総設備容量は、3位に転落しました。下図は、国別の太陽光発電の累積導入量
日本は化石エネルギー資源をほとんど持たず輸入に依存しています。日本は中国、アメリカ、インド、ロシアに次ぐエネルギー消費大国であり、中東、南米などで資源調達、資源開発が地域紛争要因となってきている時、エネルギー源確保の問題は切実です。

>>> ■ 風力発電 ■ 太陽光発電 ■ 太陽熱利用 ■ 地熱発電 ■ バイオマス ■ バイオ燃料




Return Top